富山で聞いた酒の出会いとデリヘル話

富山で聞いた酒の出会いとデリヘル話

飲み屋での出会いと経験

 

 

 

 

 

私は何年か前に知り合いの母が経営している個人の小さなスナックで手伝いをしていました。

 

この辺では忙しいお店でした。夜の仕事は正直、苦手なので最初はすごい苦戦していました。

 

 

 

町の飲み屋とは違い近所の年配者が多く会話も思いつかなくて天気の話しばかりしてたのを思い出します。

 

でもその素人っぽさが逆に好感を持たれ可愛がってもらえるようになりました。

 

 

 

 

 

中には帰りぎわにチップをくれたりする人もいましたし、ご飯をごちそうしてくれたり、

 

私の誕生日にはプレゼントをくれたりと飲んでお金を払ってくれる側の人が更にお金をかけてくれることがすごくありがたいし嬉しいし感激しました。

 

 

 

 

 

 

 

それまでは抵抗があって否定的だった飲み屋という仕事のイメージがいいほうに変わりました。

 

 

 

 

いろいろな人と会話をすることで知ることができたりあまり行かないカラオケもデュエットして歌うようになって

 

声が前よりも出るようになったり(笑)私に比べてお客さんの年齢層は

 

 

 

おじいちゃんと同じくらいですがそういう世代の人と接していくうちに自分の知らない空間にいるような不思議な経験、

 

体験ができました。

 

 

 

 

 

たわいのない会話でたくさん笑うこともあり楽しい思い出として残っています。

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ
父と二人で イライラ酒は 宝くじが当たって